安心で安全な住宅の塗装にするために、仮設足場工事は重要です。

外壁塗装工事の足場架け

鈴木建装は100%自社施工!
住宅の塗装工事は
現場の足場架けからスタート!

足場工事は安全性や施工品質を維持するために、高さ2m以上になると必要な工事です。
足場工事費には足場の架け掃い、飛散防止ネット、部材運搬費等が含まれます。

単管ブラケット足場

一般的に住宅塗装など小規模な建物の塗り替えで使われる足場です。

単管ブラケット足場
戸建住宅塗り替えの足場養生
単管ブラケット足場は支柱(足場の設置面から最上部まで伸びる柱)と横柱を組み合わせたものです。当社ではこの足場運搬から設置まで自社の職人スタッフで全て行っています。(外部委託(足場会社・足場レンタル会社)による工事委託はしておりません。)
また、足場設置が終わると、作業中に材料が近隣に飛び散らないように、さらに安全確保のために養生シート(下図:緑のシート)を取り付けます。
強風の日や台風、低気圧の接近時には、この養生シートを一時取り外すか、巻き込んで縮帆し、強風による足場の倒壊を防ぐなど必要措置を施します。

脚立足場

単管足場よりさらに狭い場所の施工のときや屋根付近への昇降などのために使う足場です。

脚立足場
戸建住宅塗り替えの脚立足場作業
脚立を作業床とで構成する足場です。室内塗装のときの天井や高いところの仕上用としても足場に用います。脚立には昔は木製が多用されたが、昨今は鋼製、アルミニウム合金製が用いられています。

足場の安全対策について

施工期間中の足場設置でお客様の日常通路となる箇所に注意を促すような用具を取り付けます。

足場の安全対策

右図のようにお客様ご家族様の歩行通行を考慮し、安全対策のため、足場下であることを注意するような用具や看板を取り付けたり、落下防止ネットで周囲を覆います。